このブログを検索

2017年8月14日月曜日

夏季映画制作、本格的に始動す!

こんにちは、映画研究会の橋本です。いつの間にか部長の座を降り、今は主務と会計を兼任しています。


さて、前回の投稿でも少し触れていましたが、今年は夏季映画を制作することになりました。一昨日、8月12日は第一回打ち合わせということで、製作スタッフと役者が集まり、脚本の読み合わせ・役合わせ、撮影日程の調整を行いました!

今回の制作では、「夏」「海」「なんかちょっと切ない」を基本コンセプトとして脚本を書きました。題名は「いつか君にふられる日を夢見て」です。
本当は、30分弱の短編映画のつもりで書いていたのですが、設定が複雑なせいで、読み合わせに50~60分もかかる長編となってしまいました。しかも、それでも、泣く泣く減らしたエピソードがあるという。
短編映画祭に出せないのもイタい。

なお、今回の作品は、10月の鳥取大学の文化祭「風紋祭」で上映しようと考えています。ぜひ、興味のある方は見に来てください。


さて、次の投稿が撮影時期になるのか、試写会(そもそもできるか不明だが)のときになるのか、はたまた鑑賞部企画の映画マラソン時になるのか。
できるだけ投稿の回数は増やしたいと思います。すみません。
それでは、また!



※余談ですが、春に撮影して新歓上映会で上映した「鍋の裏側」の再編集が終わったので、youtubeにあげています。よければ、ご覧ください!
また、同時期に撮影していた小ネタリレー企画の超短編映画は、風紋祭で上映予定です。


「鍋の裏側」リンクはこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=Vh0TR58C01w

2017年7月10日月曜日

第一回ワークショップ

皆さん、こんにちは、映画研究会です。今年度が始まり、早三ヶ月が過ぎようとしている今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょう。新入生は生活に慣れ、在学生は新入生に影響されたフレッシュさが消え失せ元の木阿弥(?)となった頃合いではないでしょうか。


さて、先日7月8日、私たち映画研究会ではより多くの人に自主映画制作の楽しさを知ってほしい、体感してほしいという考えのもと、第一回自主映画制作ワークショップ「自主制作映画を作ろう!」を開催しました。

今回のテーマは「ゾンビ×新歓」
大学生なら誰もが通る部活やサークル勧誘の花道「新歓」で、新入生に群がるビラ配りの人達がまるで「ゾンビ」のようだ。
そんなコンセプトのもと、企画しました。

広報が不十分だったせいもあり、人が一人も集まらないのでは?とも思ったのですが、幸い二人の参加者に来ていただきました!いや~本当にありがとうございました!

午前中は参加者の方にゾンビメイクをしてもらったり、照明を手伝ってもらったり。
午後はカメラマンとして活躍していただきました
「いい経験になった」とのコメントもいただきました♪

参加者さんたちのおかげで割と不安もあったワークショップを無事に終えることができました(やってみるもんですな)
なお、今回撮った映画はまだ未編集で取り残しもまだあるので公開するのは少し先になりそうです

今後の活動としては夏休みに風紋祭に向けた大き目の映画撮影(橋本氏の4年間の集大成となる作品ですね)、また引き続き毎週金曜に鑑賞会を行っております。暇な人はぜひ来てくださいね♪
毎回2~3人と超少人数で見ているので少しでも興味のある方はウェルカムですよ。部員常時募集中です!今後はもっとウェルカム感を出した広報をしていくつもりです。

10月にもワークショップを行う予定なのでその説もよろしくお願いしますぅ~すっすっすぅ




学内での撮影